トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

新しいSearch Consoleでドメインプロパティ作成し一つで管理

Search Consoleのデータのなかで、www有無やhttp・https、サブドメイン、過去に作成したモバイルサイトでmをつけてるURLなどは これまではそれぞれ別のプロパティを作成しデータもそれぞれ別に集計されていましたので、多くのサイトでwww有り・www無し・http・httpsの4つのプロパティを登録して管理されていたと思いますが、これからはドメインプロパティを活用すると1か所にデータが集計されるので、1ヶ所で把握することが可能になりますので、まだデータを見ることに慣れていない初心者にとってもデータが分かりやすいかと思います。

そもそも「えっ?別々になっていた?」と思われている人は、Search Consoleにログインして登録しているプロパティを確認してみてください。もしかしたらhttpのままになっていませんか?

また、これまでのSearch Consoleにありましたプロパティセットの機能ですがこの機能は2019年3月以降は利用できなくなります。

 

■ドメインプロパティ作成方法

Search Consoleで新規にプロパティの追加を行うとドメインプロパティもしくはURLプレフィックスのどちらかでプロパティを作成することになり、ドメインプロパティでプロパティを作成すると、1ヶ所で同じドメインのデータを集計することができます。 新しいSearch Consoleの管理画面を開いていただき左上をクリックするとプロパティの追加が表示されます

 

プロパティを追加をクリックすると下記の画面が表示されます。

左側のドメインプロパティに登録するドメインを入力してください。すると、DNSレコードでドメイン所有権を確認する画面が表示されますので、表示されたTXTレコードをコピーし、自社のサーバーの管理画面にアクセスし所定の位置に貼り付ける必要がありますがサーバーのよって違いますので、わからない場合はサーバーへお問い合わせいただくようにお願いします。

その後所有権の確認の表示されれば登録できたことになります。

所有権の確認ができた後に、「新しいドメインプロパティへようこそ」と表示されるので「開始」をクリックし、プロパティの部分をクリックすると作成したドメインプロパティが表示されていますので、その部分をクリックしていただくとデータの確認ができます。

 

DNSレコードのドメイン所有権確認部分で戸惑う方もいらっしゃるかと思いますが、サーバーに確認していただくと教えていただけますのでお問い合わせされるようにお願いします。

 

1ヶ所で全体像を確認することができ、これまで見えていなかったデータが見えてくる場合もありますので、ます。ぜひお試しください。

▲ PAGE TOP