トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」とは?

「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」という言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか? 「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」 という言葉は聞いたことがあるけどどのような内容であるかわからないという方もいらっしゃると思いますので、今回は 「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」 についてご紹介します。

「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」 とは

GoogleはこれまでにもWebサイトの健全性、ユーザーエクスペリエンスを示す指標としてたくさんの指標などを示してきました。たくさんあればあるほど、どれを基準に優先してサイト改善をするとよいのか?とサイト運営者のなかでは不明確でわかりにくくなってきていたのも現状です。そのような状況の中でGoogleが特に重要視する指標として発表したのが 「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」 で、LCP(Largest Contentful Paint)、FID(First Input Delay)、CLS(Cumulative Layout Shift)のページの表示速度に関係する3つの指標が含まれています。

画像引用元:Web Vitals の概要: サイトの健全性を示す重要指標

LCP(Largest Contentful Paint)

サイトの読み込みに関する指標で、Webページのなかで最も有意義なコンテンツ(大きなブロック単位のテキスト、最大画像、動画など)をどれだけ早く読み込まれ、表示することができるかを表す指標です。ページの読み込み開始から2.5秒以内にそのページ内の最も有意義なコンテンツが表示されることが望ましいとされます。早くページが表示されることが ユーザーエクスペリエンス が高いということです。

FID(First Input Delay)

ユーザーがページ内でクリックやタップ、入力などの操作した際にブラウザが応答するまでの時間を表す指標です。クリックしたけど、次のページに遷移する際に時間がかかったりすぎることが離脱の原因も多いといわれています。ユーザーがページで最初の操作をしてから、100ミリ/秒未満で応答することが望ましいとされています。早く次の動作が反映することが ユーザーエクスペリエンス が高いということです。

CLS(Cumulative Layout Shift)

「累積レイアウトシフト」と日本語訳されますが、ページ内の画像やテキストなどがどの程度快適に表示されているかを表す指標です。ページ内で予期しないレイアウトのくずれやずれなどを数値で表示しており、全くずれなどがなく快適に表示されている状態は「0」で0.1未満に維持することが望ましいとされています。

「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」と共に重要な4つのシグナル

検索対策として 「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」 だけをしておけばよいということではなく、 「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」 と共に4つの指標(シグナル)を組み合わせて対策を行なうことが重要です。4つのシグナルについてご紹介します。

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーとはWebサイトがスマートフォン対応しているかどうかを評価する指標です。スマートフォンでPCページを表示させるのではなく、スマートフォンで見やすいようなページが表示される必要があります。またスマートフォンはデバイスやブラウザなどの環境によって表示のくずれなどが起こりやすいので、どのような環境でも正しく表示されるようにします。

セーフブラウジング

マルウェアに感染したWebサイトや不正なWebサイトにアクセスした時に、ブラウザに警告を表示させる仕組みのことです。マルウェアなどの不正なソフトウェアをインストールさせようするWebサイトや、正規のWebサイトになりすまし、ユーザーに情報を入力させ不正に取得するフィッシングサイトなどがあり、これらからユーザーを保護する役割を担っています。

HTTPS

HTTPSとはHypertext Transfer Protocol Secureの略で安全にデータをサーバーとブラウザなどの間でやり取りする際の「通信手順」を意味し安全性と機密性を保つための接続プロトコルです。HTTPS化することで第三者によるデータの閲覧・改ざんのリスクが下がります。URLがhttps:~で表示されているサイトがHTTPS化されてるサイトです。

過剰なインタースティシャルがない

インタースティシャルとは隙間を意味し、WEBではスマートフォンサイトなどでよく用いられる広告手法で、ページ遷移時にオーバーレイやポップアップで画面に表示される広告などのことを表します。あえて、ポップアップなどの手法をとっているサイトもありますので、すべてが規制されるということではなく、画面全体に表示されるなどコンテンツ閲覧を阻害するように表示されるページは規制対象になる可能性が高くなります。

コアウェブバイタルを最適化するためには自分のサイトが今どのような状態であるかを認識する必要があります。次回はそれぞれの確認方法についてご紹介します。

▲ PAGE TOP