トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

act7:地域ユーザ閲覧ページの特性や購買商品の相違を分析し広告LP運用に活用

アナリティクスでは都道府県別や市区町村別でデーターは確認できますが、もう少し大きく区分して東北地方、近畿地方、九州地方などの地方毎にデータを確認する方法をご説明します。住居地域によっての行動分析を行うことで、広告出稿などの施策を行う際のヒントや改善点を見つけてください。

【成果】

地域ユーザーによって閲覧ページの違いや購買商品の違い、購入金額の違いなどのユーザーの地域による行動特性を分析を行い、地域ごとのマーケティング施策が可能

【解析指標】

ユーザーの居住地別の行動解析

【アクション】

ユーザーの地域毎の行動特性を知ることで地域別にセグメントした広告配信などを行いCVアップを行っていく

======================================

■地方別にセグメントする設定方法

≪表示画面≫

1-3

≪操作手順≫
ページ上部に表示されている「すべてのセッション」の横にある「+セグメント」をクリックしてください。
セグメント画面が表示されます。標準のセグメントや自分で作成したセグメントが表示されていると思いますが
下記の画面と同じセグメント一覧が表示されない場合は上部の検索窓の横にある「四角が4つある」ボタンをクリックしてください。

≪表示画面≫
2-1 1 2

≪操作手順≫
上部画像のセグメント画面の左上にある赤い「+新しいセグメント」をクリックしてください。

左側のナビゲーションの中で「ユーザー属性」の画面が表示されていると思います。

その画面の一番下に「地域」の部分があります。
デフォルトでは「大陸」になっていますので▼を開いて頂き「地域」を選んでください。 次にその隣の部分はデフォルトでは「含む」になっていますので▼を開いて頂き「正規表現に一致」を選んでいただき、その右側の枠に各地方の各県名を「|」でつないで書いてください。例として東北地方を記載していますが、各地方名と正規表現は下記に記載します。 ↓
左上にありますセグメント名(今回は「東北地方」)と入力してください ↓
保存をクリックしてください。 ※同じように他の地方もセグメントの設定をお願いします

【正規表現】

地域名 正規表現
北海道 Hokkaido
東北地方 Aomori|Akita|Iwate|Miyagi|Yamagata|Fukushima
関東地方 Tokyo|Kanagawa|Chiba|Saitama|Gunma|Tochigi|Ibaraki
中部地方 Aichi|Shizuoka|Gifu|Nagano|Yamanashi|Fukui|Ishikawa|Toyama|Niigata
近畿地方 Osaka|Hyogo|Nara|Wakayama|Shiga|Mie|Kyoto
中国地方 Okayama|Hiroshima|Tottori|Shimane|Yamaguchi
四国地方 Tokushima|kagawa|Ehima|kochi
九州地方 Fukuoka|Saga|Nagasaki|Kumamoto|Oita|Miyazaki|Kagoshima|Okinawa

都道府県名の正規表現は英語表記でお願いします。

 

■地域別属性による集客チャネルの比較レポートを表示させる方法

今回は集客チャネルでどのような違いがあるのかを確認していきますが、今回は例としてサイト全体と九州地方を比較してみたいと思います。

≪表示画面≫

3

≪操作手順≫
レポート画面の上部の「+セグメント」をクリックしてセグメント画面を表示させてください。

すべてのセッション、九州地方を選びます。
選んだ順番に表示されます。この順番は後で入れ替えは可能です。

適用をクリックしてください。
2つのセグメントデータがあるレポートが表示されています。

4

全体とこの地域との差を見てこの地域ならではの特性が発見される場合もありますので、コンバージョンの差などをいくつかの地域をセグメントして比較などするとより地域特性がみえてくると思われます。

地域によって閲覧されているページの違いなども比較してみると新しいデータをみつけることができ、広告出稿する際などに活用してください。

▲ PAGE TOP