トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

サイトのhttps化の後にアナリティクス・サーチコンソールの設定変更

常時SSL化への対応でサイト全体をhttps化に変更を行なわれているショップさんが多いかと思います。

サイトをhttpsに変更する一連の作業が終わり、表示チェックも確認しエラーがないことを確認したら、作業終了!と思われがちですが、実はあと2つのツールの設定変更が必要なのです。この2つのツールが「Google Analytics」と「Google Search Console」です。

この2つのツールの設定変更まで終わってhttps化の完了になります。

 

今回は「Google Analytics」と「Google Search Console」の設定変更についてご紹介します。

=====================================

■「Google Analytics」の設定変更

1.「Google Analytics」にログインし、左ナビの一番下の管理ボタンをクリックします。

2.表示される管理画面の中央部分「プロパティ」の一番上にある「プロパティ設定」をクリックしてください。

 

3.表示される画面の中の「デフォルトの URL」部分で「http」を「https」に変更し下部にある「保存」をクリックして下さい。

 

4.次に再度、管理画面を表示していただき、右側の「ビュー」列の一番上にあります「ビュー設定」をクリックして下さい。

 

5.表示される画面の中の「ウェブサイトの URL」部分で「http」を「https」に変更し下部にある「保存」をクリックして下さい。

 

「Google Analytics」の設定変更は以上になります。片方だけ変更せずに両方とも忘れずに変更をお願いします。

■「Google Search Console」の設定変更

Google Search Consoleも非常に大切なツールですのでこちらも変更を忘れずに行なって下さい。

 

Google Search Consoleの場合は、現状のプロパティを変更することはできませんので「https://」のURLを新しいプロパティとして追加を行ないます。
 

1.「Google Search Console」にログインし、左上にあります赤い「プロパティ追加」をクリックします。

2.表示される画面にhttpsのURLを記載し「追加」をクリックします。

3.サイトの所有権の確認の画面が表示されますが既にhttp://サイトで運営されていた場合にはトラッキングコードはサイトに埋め込まれているかと思いますのでそのまま「確認」ボタンをクリックして認証されるかと思います。

 

しかし、これでサイトの所有権が確認できないと表示された場合は、表示された案内に従って、所有権の確認をお願いします。

 

4.次にこれまでxml形式でサイトマップを送信していただいていたと思います。そのサイトマップはhttpでのURLでのサイトマップになりますので、httpsでのサイトマップを作成しサーバーにアップしていただき、Google Search Consoleのサイトマップより追加していただけますようお願いします。

また、robots.txtを設定していた場合にも同じように設定をお願いします。

 

以上で設定完了になります。

 

サイトのhttps化はツールの設定までが1セットと思っていただき、サイトの変更のみでツールの設定変更を行なっていない方はぜひツールの設定もお願いします。
 

▲ PAGE TOP