トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

act1:パソコン、スマホ、タブレットからのトラフィックを比較

モバイル(スマホ)からのアクセスが増えていると言われている昨今ですが、サイトの性質、取扱い商品によって必ずしもモバイルアクセスが増えているわけではありません。
自社サイトがどのデバイスからのアクセスが多いのか、またPCアクセスと、モバイルアクセスでのユーザーの閲覧ページの違いなどを確認することが重要になっています。

【解析指標】
パソコン、スマホ、タブレットからのトラフィックを比較

【アクション】
各デバイスごとの解析表示を行いPCではページの価値があるがスマホではページの価値は0というページの解析結果に基づきその原因に仮設をたてページ改善のPDCAを実施

【成果】
各デバイスによる行動パターンを比較し各デバイスに対応したページ制作を行うことによりコンバージョンUPを計る

======================================

パソコンからのセッション、モバイルからのセッション、タブレットからのセッションとそれぞれのデバイスごとにセグメントをわけることでデバイスごとに解析を行うことができます。

■アナリティクスの標準機能でデバイス別利用状況を確認

≪表示画面≫

1-1

≪操作手順≫
画面左のナビゲーションの【ユーザー】をクリックするとユーザーメニューが開きます

【モバイル】をクリックし画面左のナビゲーションの【サマリー】をクリックします。

#ff0000
Desktop、mobile、tabletと3つのデバイスカテゴリが表示されます。それぞれのデバイスからのアクセス比較をみることができます
円グラフで確認したい場合は検索窓右側の左から二つ目の円グラフマークをクリックすると円グラフで確認ができます

≪表示画面≫

1-2

※注:mobileで測定されるのはスマホからのアクセスになります

■利用デバイスデータをセグメントする設定方法

≪表示画面≫

1-3

≪操作手順≫
ページ上部に表示されている「すべてのセッション」の横にある「+セグメント」をクリックしてください。
セグメント画面が表示され、標準で22個のセグメントが用意されています。
下記の画面と同じセグメント一覧が表示されない場合は上部の検索窓の横にある「四角が4つある」ボタンをクリックしてください

1-4

デバイスごとで比較に必要である
モバイルトラフィック
タブレットトラフィック
は標準で用意されています。

初期で「すべてのセッション」が選ばれているので、そのセグメントには色がついています。
例えば、モバイルのみのユーザーについて解析を行いたい場合はモバイルトラフィックの上でクリックをして選択していただき、下部の適用をクリックしてください。
その際に、すでに選択されているセグメントを解除したい場合はそのセグメントの上でクリックすると選択解除になります。
一度に4つのセグメントまで選択することができます。

▽PCトラフィックのセグメント作成方法▽

PCトラフィックは、標準で用意されていないので作成を行います。

≪表示画面≫

1-5

≪操作手順≫

セグメント画面の左上にある赤い「+新しいセグメント」をクリックしてください。

セグメント作成画面が表示され左側の一番上にセグメント名を入力してください。
今回は PC トラフィック と入力します。

左側のナビゲーションの中から「条件」をクリックしてください。

条件設定画面がでますので
フィルタ セッション 含める
デバイスカテゴリ 完全一致 desktop

と条件設定を行い上部にあります「保存」をクリックしてください。

保存を行うと、今回作成したセグメントでのレポートが表示されています。

■セグメントを利用しデバイス毎の比較レポートを表示させる方法

PCトラフィック、モバイルトラフィック、タブレットトラフィックと3つのセグメントを選択します。

≪表示画面≫

1-6

≪操作手順≫
レポート画面の上部の「+セグメント」をクリックしてセグメント画面を表示させてください。

PCトラフィック、モバイルトラフィック、タブレットトラフィックを選びます。
選んだ順番に表示されます。この順番は後で入れ替えは可能です。

適用をクリックしてください。
3つのセグメントデータがあるレポートが表示されています。

例えば、ページごとにページの価値の比較を行いたい場合は
画面左のナビゲーションの【行動】をクリックすると行動メニューが開きます。

【サイトコンテンツ】をクリックし【すべてのページ】をクリックします。

ページごとにデバイス単位で確認できますので、PCではページの価値が高いが、スマホではページの価値が低いページを探すことができ、スマホでのアクセスが多い場合はそのページのスマホでの改善を行う必要があることがわかります。その逆も然りです。

1-7

同じように時間帯ではどのように違うかを簡単に確認する方法も紹介します。

≪表示画面≫

1-8

≪操作手順≫

日付を1日のみにします。

画面左のナビゲーションの【ユーザー】をクリックするとユーザーメニューが開きます

【サマリー】をクリックします。

右上部にあります時系セレクト部分で時間を選びます。

1日に中でデバイス毎のセッションの違いがわかります。この時間はスマホアクスが多いと予想していたが実はPCからのほうが多いなど仮定していたことと違う事もありますのでぜひご活用ください。
またこれは1日のみをみる簡易的な時間帯別セッション比較となります。

▲ PAGE TOP