トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

Facebook広告 イベントコードの設定

前回、Facebook広告からのアクセスがCVや問い合わせなどに結びついかたを計測するためのピクセルコードの設定方法をお伝えしましたが、そのコード内に何を測定するのかを追記することで確実に測定できます。Facebookに標準で設定されている「標準イベントコード」について今回はご説明します。

イベントコードは先日のピクセルコードの中の途中に貼り付けます。

下記の赤文字部分が貼り付ける部分です。設置場所を誤ると、正しく計測できないこともありますので配置位置にはご注意をお願いします。

 

コードの途中の「****************」はご自身のIDが数字で表示されます。

 

<!– Facebook Pixel Code –>
<script>
!function(f,b,e,v,n,t,s)
{if(f.fbq)return;n=f.fbq=function(){n.callMethod?
n.callMethod.apply(n,arguments):n.queue.push(arguments)};
if(!f._fbq)f._fbq=n;n.push=n;n.loaded=!0;n.version='2.0';
n.queue=[];t=b.createElement(e);t.async=!0;
t.src=v;s=b.getElementsByTagName(e)[0];
s.parentNode.insertBefore(t,s)}(window,document,'script',
'https://connect.facebook.net/en_US/fbevents.js');
 fbq('init', '****************'); 
fbq('track', 'PageView');

fbq('track', 'AddToCart');

</script>
<noscript>
 <img height="1" width="1" 
src="https://www.facebook.com/tr?id=****************&ev=PageView
&noscript=1"/>
</noscript>
<!– End Facebook Pixel Code –>

 

 

上記は「カートに追加」したときにCVとしてカウントするタグになります。

このようなタグが標準で用意されています。

 

ウェブサイトアクション 説明 標準イベントコード
コンテンツを表示 主要ページの閲覧の追跡(製品ページ、リンク先ページ、記事など) fbq('track', 'ViewContent');
Search ウェブサイト上の検索の追跡(製品の検索など) fbq('track', 'Search');
カートに追加 アイテムがショッピングカートに追加されたときに追跡(クリック、カートに追加ボタンのリンク先ページなど) fbq('track', 'AddToCart');
ウィッシュリストへの追加 アイテムがウィッシュリストに追加されたときに追跡(クリック、ウィッシュリストボタンのリンク先ページなど) fbq('track', 'AddToWishlist');
精算開始 精算フローに入ったときに追跡(クリック、精算ボタンのリンク先ページなど) fbq('track', 'InitiateCheckout');
支払い情報の追加 精算フローに支払い情報が追加されたときに追跡(クリック、請求情報のリンク先ページなど) fbq('track', 'AddPaymentInfo');
購入 購入やチェックアウトフローの完了を追跡(「ありがとうございました」ページや確認ページのリンク先など) fbq('track', 'Purchase', {value:'0.00', currency:'USD'});
Lead 誰かがあなたが提供するものに興味を示したときに追跡(フォーム送信、トライアルに登録、価格ページへのアクセスなど) fbq('track', 'Lead');
登録完了 登録フォームが完了したときに追跡(購読の完了、サービスへの登録など) fbq('track', 'CompleteRegistration');

 

ご自分の目的にあったコードをはりつけてください。ただし、ベースのコードは全ページに張り付けていただきますが、イベントコードはトラッキングするページに貼付けを行う必要がありますのでご注意ください。取得できない時にはイベントコードの位置が間違えているということや、タグの記載ミスなどが考えられます。大文字と小文字が区別されるためにスペルミスや空白が入っていないかも確認するようにしましょう。

▲ PAGE TOP