トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

Facebook広告 関連度スコア

Facebook広告を出稿するにあたり大切なポイントがあります。

「関連度スコア」です。

 

これはFacebook側がユーザーの反応を数値化した指標で1~10の10段階で評価され、10が最高スコアになります。このスコアは、出稿したFacebook広告を見たユーザーが「いいね」をクリックしたり広告をクリックしたりするなど広告に反応がよいと関連度スコアは高くなります。一方で、広告を削除したり、スパムとしてFacebookに通報されたりすると関連度スコアは下がっていき、この関連度スコアは1つの広告のインプレッション数が500回以上であれば表示されます。

 

関連度スコアが重要視されるポイントの一つに広告の表示頻度が高くなります。関連度スコアが高い広告のほうが低い広告よりも表示機会が多くなります。関連度スコアが高いとユーザーに対して優良な情報を提供しているとFacebookが考えているからです。また通報などをされると表示頻度は激減しますので、広告テキスト、画像など広告を出稿する際にはルールに順守するようにしましょう。

 

次に関連度スコアが高いと配信単価が下がる傾向がありますので、安い単価で広告出稿を行なうことができます。

配信単価=入札単価×関連度スコアで計算されるために関連度スコアが高いほど配信単価は安くなります。

インプレッション数は500以上で関連度スコアが表示されますので広告を継続して出稿する場合には、高い関連度スコアを取得することが重要になります。

 

■関連度スコアの表示方法

メニューバー部分がデフォルトのパフォーマンスになっていると思いますので、そこの▼をクリックして「列をカスタマイズ」を選択します。

 

「列をカスタマイズ」を選択すると上記の表が表示されますので。関連度スコア部分にチェックを入れます。

下部の「実行」をクリックします。

 

関連度スコアは「広告」ページに表示されますので、「広告」タブを選択し「広告」ページを表示します。

右のほうに関連度スコアが表示されています。500インプレッションに達していない広告は「-」と表示されていますが、関連度スコアが表示される広告は数値が表示されます。上記は2広告で表示されていますが共に関連度スコアが最高の10が表示されています。

 

表示設定ができていない場合はぜひ表示できるように設定をまず行なって下さい。

またターゲットを絞り込むと500インプレッションに到達しないということもありますので、状況をみながら広告のチューニングを行なっていただき、もしも関連度スコアが下がった場合はFacebookからメッセージなどが届いていないか確認をするようにしてください。

▲ PAGE TOP