トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

第117回 ネットショップの常時SSL化はまったなし!

日本の検索シェアの大半はGoogleとYahoo!で占められているのはご存知のとおりです。

そのGoogleが2014年8月7日に「HTTPSをランキングシグナルに使用します」と公式に発表しました。 セキュリティは Google の最優先事項であるとしてユーザーが Google から安全なサイトにアクセスできるようにすることを理由にGoogle では過去数か月にわたり、Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきた結果、よい結果が得られたため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者に HTTP から HTTPS への切り替えを推奨してきていてGoogle Search Consoleヘルプ内の「サイトの管理、監視、保守を行う」ディレクトリー下の「Google を考慮に入れてサイトを管理する」の項目の中で「HTTPS でサイトを保護する」というコンテンツが存在もしています。

言い換えれば「HTTPSかどうかが検索順位の判断基準になります」ということ
直球で言うならば「HTTPSサイトを検索順位に優遇します」と言っているわけです。

Googlechromeバージョン 58.0.3029.110 (64-bit)ではHTTPSサイトのアドレスバーには「保護された通信」と表示され。


 

そうでないサイトでは「!」マークが表示され、それをクリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」との表示がなされています。

 

 

 

 

一生懸命コンテンツを作りあげ、アクセスを増やす努力をしても「保護されていない」Webサイトは、なんとなくユーザーにとっては不安です。
離脱の原因に充分なり得るということです。 現在、多くの方が町で公衆Wi-Fiに接続してネット環境を構築していますが、総務省ではWi-Fi利用者向け 簡易マニュアル を発行していて その中で、利用したことのないwifiに接続したSNSのURLを確認せずにIDとパスワードを入力してログイン後、写真投稿をした ユーザーが数日後、SNSに自分の名前で覚えのない誹謗中傷投稿がされていて調べた結果IDとパスワードが盗聴され、第三者のなりすまし不正 アクセスが発覚した事例をあげて

・正体不明のアクセスポイントに接続をしない
・暗号化がされないアクセスポイントに接続をしない
・URLに鍵マークのないサイトで大事な情報をやりとりしない

という注意喚起をしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなことからもネットショップの常時SSL化はさけらない事実ではあります。

▲ PAGE TOP