トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

第112回 Eコマースにおけるクラウドソースのヒント

女性のキャリアとライフスタイルを支援する女性誌「日経WOMAN」がこの1年に各界でもっとも活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」に8人の受賞者8人を決定しました。

その受賞者の中に「食ビジネス革新賞」で受賞された小林 せかいさんがいらしゃいます。

2015年にオープンした東京・神保町の「未来食堂」という街の中の食堂。
店主一人で、客席12席のビジネス街のランチは、とうてい普通では廻していくことはできないもののメニューは日替わりで1種類だけ、かつ、ユニークな仕組みで11時~14時の昼のピークタイムで最高7回転させるなど順調に顧客が増えている一方で売上原価率は25%前後と低い数字を実現しています。

未来食堂その超合理的な運営システムは、著作「ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由」に描かれています。

東京工業大学理学部数学科を卒業後、日本IBM、クックパッドで計6年間エンジニアとして勤務後、さまざまな厨房での1年4ケ月の修行期間を経て2015年9月に東京都千代田区一ツ橋に「未来食堂」を開業されています。

その未来食堂の経営の仕組みの中には「あつらえ」「おすそ分け」「まかない」「だだめし」「さしいれ」など独自システムがあり、たとえば「あつらえ」は通常の定食にプラスして小鉢を選べるシステム。「おすそ分け」はタダで飲み物を持ち込めるかわりに顧客や他のお客さんにおすそ分けするというシステムです。

 

とりわけ、経営基盤になっているであろう「まかない」というシステムが、後述しますがエンジニアとして働かれた経験から発想されたシステムであるとおっしゃられています。

その「まかない」というシステムは、50分間従業員として働くと、1食分無料で食べられるという仕組。50分間、配膳や食器洗い、会計などの飲食店業務をおこない、手伝いが終了すると、対価としてまかないを食べることができるというもの。

未来食堂は1食900円なので、まかないさんにとっても、時給に換算すれば約1,000円に相当するわけで、都内の飲食店バイト平均時給を考えるときわめて妥当な数字ということになります。ところが、これは金銭で支払われるのではなく、食材による提供です。一般的に飲食店で言われている「原価3割」に照らし合わせてみると、実質300円で1時間手伝ってくれる人がお店にてくれるということになるわけです。

クラウドリソースという概念はタスクを細分化し、一人一人が負担なく働くことで、全体としておおきなタスクをこなす作業スタイルのことで、たとえば、電話帳のコピーな単純作業を500人で分担し、一人の作業時間を5分などの短時間にすることで、誰にでも手伝ってもらいやすくること。
これにより暇なときにちょっと働けるので、働く側にとっては都合がよく、手軽に参加して報酬をもらう新しい働き方であり、この発想から未来食堂の「まかない」システムは飲食業界におけるクラウドリソースだと説明されています。

食堂での労働を50分単位とすることが、タスクの分散化であり、参加しやすくなる仕組みを作ることで参加する負荷を下げ、結果としてたくさんの労力が集まる仕組みにつながっています。

実際、この「まかない」参加の管理は50分枠ごとにグーグルカレンダーで管理されて、一般にも公開されています。一般に公開されているのはこれだけではなく、プレスリリースはもちろん、平成26年度 創業支援金(創業促進補助金)に採択された未来食堂の事業計画書原本や月次決算書までも。

つまり未来食堂という経営手法はオープンソースな飲食ノウハウなわけです。

この未来食堂のオープンソースという基盤のもとのクラウドソースの概念での営業スタイル。
「一人だからできない」「忙しいからそのうち」というネットショップで泣き言を言う前に、見習っていきたいものです。

1

▲ PAGE TOP