トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

第61回 売上をUPさせるためには2つの方法

 こんにちは
 トンゼミのトントンです(^m^)
 http://www.tonsemi.com/

 
 売上をUPさせるためには2つの方法があります


 売上ーコスト=利益


 という式が示す通り
 ネットショップビジネスは
 売上をあげることから始まるわけです


 しかし売上が増えたからといって
 必ずしも利益に繋がるとは限らないことを
 体系的に知っておく必要があります


 現状月売上100万円に対し
 売上を10%UPするミッションが課せられた場合

 売上をUPさせるためには2つの方法があります


 それは
 販売単価を10%上げる方法と
 販売個数を10%上げる方法があるわけです


 いずれも
 見かけとして売上は両方110万円になりますが

 
 結果としては
 販売単価を10%上げる方法が
 会社的にはよい結果が得られるんです

 

 現状の販売単価が10万円で10個の商品が売れて
 月商が100万円の場合で
 1個あたりの仕入が7万円だとすると
 両方の売り方の結果は下記のとおりとなります

 

 【販売個数を10%上げる方法】

 売上高  110万円(10万円×11個)
 売上原価  77万円(7万円×11個)
 売上総利益 33万円

 【販売単価を10%上げる方法】

 売上高  110万円(11万円×10個)
 売上原価  70万円(7万円×10個)
 売上総利益 40万円

 

 つまり 
 ネットショップビジネスは
 売上だけで判断してはならないわけです


 これは売上のみを目標とすることが
 キケンだということを表しています

 
 ネットショップビジネスにおいては
 販売個数を増やそうとするばかりに
 単価をさげて値下げセールをする傾向があります


 値下げで成功するためには
 販売数量が圧倒的に大幅増加し
 かつ
 コストに占める変動費が少ないことが絶対条件になります


 したがって
 それが望めないのであれば
 売上UPを狙うには
 販売単価を上げるべきと考えます
 
 

▲ PAGE TOP