トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

第56回 人間は得よりも損に敏感

 こんにちは
 トンゼミのトントンです(^m^)
 http://www.tonsemi.com/


 行動経済学の分野に
 プロスペクト理論というものがあります


 例を挙げます
 次の場合A、Bどちらを選びますか?


  A)確実に1万円を貰えるくじ
 B)50%の確率で2万円が当たるが、残50%の確立で0円になるくじ


 では、次の場合、C、Dどちらを選びますか?


 C)確実に1万円損するくじ
 D)50%の確率で2万円を損するが、残り50%の確率で損をしないくじ

 


 多くの方が
 最初の質問では(A)
 後の質問では(D)
 と答えられたことと思います


 これはどういうことかと申しますと
 プロスペクト理論とは
 得の領域では低い確率を高く見積もり
 損の領域では高い確率を低く見積もることで
 損失を利益より過大に見積もってしまう人間の行動パターンで


 なぜそうなるかと言えば
 「人は負けるのが嫌い」だからなんです

 


 そしてもっとこの現象を
 平たく言うと
 「人間は得よりも損に敏感」
 ということなんです


 ネットショップに置き換えると
 消費者は「送料」という小さな「損」に対して
 意外と敏感に反応してしまうパターンのほうが
 多いということになります

 
 ですので
 送料無料のようなサービスが響きます
 

 ネットショップでは今
 送料無料にするとモノが売れる
 というのが最近の傾向にあります

▲ PAGE TOP