トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

第49回 広告対象の考察

 こんにちは!
 トンゼミのトントンです(^m^)


 先月、Yahoo!JAPANの検索連動型広告
 「スポンサードサーチ」の
 新システムへの移行が完了しました


 これによって
 広告のマッチング精度が高まり
 これまで以上にユーザーの
 検索意図と関連性の高い広告を出稿できることが
 実現できることになると思います


 このことを踏まえ
 今月は、効果のある広告というものを
 考えてみようと思います


 都会の街中で配られているティッシュ
 裏側にはクライアントの広告が入れてあります


 これを配るアルバイトさんは
 とにかく配布ノルマを達成したく
 道行く通行人だれにでもかれにでも
 配布していますが

 


 これって
 はたして本来の目的の広告効果を
 達成しているのでしょうか?


 「・・・・・・・・・」


 お察しのとおり
 コンバージョンは極めて低いです


 そうですね
 意図するターゲットに絞って配布されていないからです


 もうひとつは
 意図するターゲットに仮に絞って配布されたとしても
 はたしてそのターゲットが
 ティッシュを使用する層かどうかということに問題があります


 さて
 ここで一例をあげます


 「タダコピ」というサービスがあります
 http://www.tadacopy.com/


 名前のとおり
 コピーが「タダ」つまり「無料」でできるサービスです


 どうしてそんなサービスが実現できるのか?


 それは、このビジネスの中に広告という要素があるからです


 しかもその広告が確実に意図する顧客層に配布される
 という広告効果が望まれることが前提にあるから
 ビジネスとして成立しているわけです

 
 コピーをする頻度が高いのは学生さん
 その学生さんが無料でコピーができればそれはうれしいこと


 しかもそのコピー機が大学構内にあればなおさらです


 そのコピー用紙裏面に髭剃りやアパート住宅情報などなど
 カラー広告など掲載されているという仕組みがあるわけです


 出稿先企業からの広告収入で学生は無料で
 コピーができることになるわけです

 


 そう考えると
 広告というものは
 その効果を考えると
 

 広告したい商品の潜在顧客に
 確実に見せる必要性があります


 リアルで展開されている
 調剤薬局で手渡される薬袋の裏面にのせる広告
 お年寄り向けの商材やサービスの広告があったり

 碁会所の精算時に手渡されるシニア向け広告

 ドラマや映画の撮影現場に運ばれるロケ弁と一緒に手渡される
 芸能界向けサンプリング広告


 いろんなところで
 効果の高そうな広告を目にします


 これからのウエブ広告について
 自社潜在顧客がよく閲覧するサイトへの広告を考え
 今一度見つめ直して検討する必要がありそうです

▲ PAGE TOP