トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

  1. HOME
  2. コラム
  3. 最新情報コラム / 第45回 Google+1

第45回 Google+1

 こんにちは!
 トンゼミのトントンです(^m^)


 6月28日より
 google さんが
 検索結果で表示されるウエブサイトを
 第三者が評価し
 他の利用者と情報を共有する「Google+1(プラスワン)」の
 日本版を公開しました


 これは
 Facebookの
 Google版「いいね!」ボタンともいえる機能で
 検索結果
 自分の友人からの推薦が表示されるようになるわけで


 これで
 Google検索のソーシャル化がさらに一歩進んだ形になり
 Facebookの「いいね!」
 mixiの「mixiチェック」
 などと並び
 

 ネットショップにもソーシャル化の波が
 寄せてきた


 そんな感じがしてきます
 

 

 ユーザーがこの「+1ボタン」を使うには
 グーグルアカウントを取得して
 自己紹介ページにある
 「グーグルプロフィール」を作成しておく必要がありますが


 すでに
 Gmailがある程度普及している中
 グーグルアカウントがあり
 グーグルプロフィールを作成しているユーザー数は
 かなりあると思われますので

 
 「Google+1(プラスワン)」を利用するユーザーは
 増えるに違いないとも感じています


 実装されログイン状態で
 Googleで検索をすると
 検索結果や広告の項目ごとに
 「+1」のロゴが薄く表示され


 それをクリックすれば
 確認のポップアップウインドウが表示され、
 「OK」すると
 「+1」のロゴがはっきりと表示される仕組みです

 


 では「Google+1(プラスワン)」ボタンが公開されたことによって
 ネットショップには
 具体的にどんな効果が期待できるんでしょうか?


 例えば
 Googleを使って何かを買おうと検索したときに
 ユーザーがログイン状態で検索していれば
 検索結果に出たネットショップのタイトルの右側に
 「+1」のマークが表示されていて


 そのネットショップに対して
 自分の友人や知り合いが
 そのサイトを評価して「+1」ボタンを押していれば
 通常薄い「+1」のマークがカラーで表示され
 購入するサイトを選ぶ決め手の
 手助けになるというわけで


 つまりそのショップが
 他人からどの程度「+1」の評価を得ているのかを
 確認できることで
 検索結果の中で選ばれる確率も
 変わってくるっていうことですね


 まずは
 グーグルアカウントを取得して
 自己紹介ページにある
 「グーグルプロフィール」を作成して
 実際にGoogleで検索してみてください

 
 Googleを通じて
 「誰とつながっているのか」
 「どの程度個人プロフィールを公開しているのか」を 
 確認したことがない場合は
 
 一度「Googleダッシュボード」で
 「プロフィール」と
 「ソーシャルコネクション」と
 「ソーシャルコンテンツ」を見てみてください

 Googleダッシュボード
 (Googleアカウントでログインが必要)
 https://www.google.com/dashboard/b/0/?hl=ja


 特筆することに
 「+1」ボタンは、AdWords広告にも表示されるということです


 Googleでは
 友人が気に入った広告も推薦できるようになり
 広告の品質価値を向上させていく狙いもあるようです


 「+1」はGoogleのオーガニック検索ランキングに
 影響を与えるとも考えられ
 将来的に「+1」ボタンの利用の仕方は
 大きな影響を与える可能性があるかもしれませんネ

▲ PAGE TOP