トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

第28回 進化する顧客コミュニケーション

こんにちは!
 トントンでっす(^m^)


 「mixi」や
 テレビでもたびたび目にする
 「GREE」「モバゲータウン」


 こういったソーシャルメディアの成長は
 衰えることなくむしろ成長しているように見受けられます

 こういった
 「SNS」(ソーシャル ネットワーキング サービス)は
 1,500万人以上の会員が交流していると言われ


 他にも
 ブログ会員サービスを展開する「Ameba」や
 今話題の「Twitter」などなど


 このような
 数百万、数千万の人が集まる
 ソーシャルメディアは
 今後のネットマーケティングには
 かかせないものになってきたと思います


 今年2010年
 ネットショップのテーマは
 こういった背景を鑑みると
 

 自店の顧客同士の交流の場を図る仕組み


 自社商品に親和性の高いテーマを設定した
 顧客層の年代や性別別にターゲティングした
 SNSなどの専門コミュニティの開設


 などなど
 潜在顧客や既存顧客との
 長期的な関係を構築することが課題になると思います


 大手企業の例でも
 ワコールのウォーキングなどの
 エクササイズをサポートする下着
 「スタイルサイエンス」の
 http://www.wacoal.jp/bodyspice/
 購買導線にあたり


 着用して歩くと体脂肪の燃焼を促進する同商品は
 継続して着用してもらうことにより
 その商品効果がより体感できることにあることから

 
 コミュニティサイト「スタスタ部」
 http://www.style-science.jp/


 を開設し
 購入者がお互い部活動として
 同商品を継続して使用できる仕組みを
 作り上げています


 ネットショップとしても
 是非参考にして
 顧客との関係を作り上げる仕組みづくりを
 構築していきたいものです


 SNS で他のユーザーの
 意見や評価を参考にする
 という流れは
 今後さらに加速していきます


 そのためにも
 ネットショップのコンテンツの中で
 そのような仕組みを構築しておくほうが
 購買のスイッチが入りやすくなるわけです

 そこで
 実店舗での顧客コミュニケーションの築き方から
 ヒントを探してみてはどうかと思います

 


 スーパーマーケットで行われている
 セットでおすすめしたい商品を近くに置く手法
 ↓
 リコメンド、関連商品へのリンクの設定


 家具屋さんで利用イメージに説明をつけている売り場の手法
 ↓
 お客様の活用事例の提示


 居酒屋の夕方の呼び込みやビール1杯無料券の配布
 ↓
 PPC広告出稿 メールマガジンでのキャンページ告知


 コンビニのPOSレジ分析
 ↓
 google analyticsのeコマース機能の活用


 まだまだ
 実店舗の活用事例には
 ネットショップで取り込める販促ヒントが盛りだくさんです

 是非取り込んでみてください

▲ PAGE TOP