トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

第23回 買われるスイッチ

同一類似商品が市場に氾濫する中
顧客の購買判断基準のひとつに

 
「同じものなら安いほう」

という思考判断があります

これは、お得感とともに
自身が
・買い物上手である
・いい買い物をした
という満足感を得たいという気持ちがあるからです

「絶対に安いほうを買うんだ」
というマニアに近い熱い安物買い消費者は
価格競争に勝つことができる
豊潤な資金力を持つ大手におまかせするとして

・買い物上手である
・いい買い物をした
という満足感を得たいという気持が強い消費者は
是非、中小ネットショップで取り込みたい顧客です

 
そういった顧客を取り込むためには
何をしたらいいんでしょう?

 ?

それは
商品を買って頂く際に付加価値があれば
購買満足を得たいという顧客は振り向いてくれます

「ここのが欲しい!」とか「あ!これが欲しい」を
引き出すもののひとつに
付加価値というものがあります

付加価値というのは商品そのものだけでなく
接客サービスやアフターサービス
など販売面においても見つけ出すことができるものです

同様類似商品であるにもかかわらず
他社との差異化を図り
消費者に価格以上の価値を感じとってもらえれば
購買導線が動くんです

たとえば
「サンマの干物」

さんまの干物

 

コレ
どこにでも売っている商材です

でも都心の消費者は

 
マンションでは
「焼きたくても煙が出せないから」
「そもそも焼くのが面倒だから」
「魚焼きグリルがないから」
「臭いが部屋にこもるから」

という理由で購買に踏み切らない人がとっても多いんです

そこに
レンジでできる干物があったら
http://www.kihoku-jb.jp/syohin-1.html

「あ!これが欲しい」
というスイッチが入ります

 
進物品で
他店とまったく同じ商品でも
当店はラッピングに力を入れている
ラッピングコーディネーターの免許を持っている
http://www.jo-nets.com/gift/index.html

とか
パッケージが子供に喜ばれそう
http://www.ja-ugo.jp/onlineshop/yumeakita.html

すいか

ということであれば
同じ商品でも
「ここのが欲しい!」
というスイッチが入るんです

商品開発やサービス面から
価格競争に陥らない新たな価値づくり
考えてみませんか?

▲ PAGE TOP