トンゼミ
1999年からの信頼のEコマース運営実績 本気でネットショップを運営するウェブマスターを応援!

ネットショップ経営戦略支援コンサルタント トンゼミCEO 一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会 理事

第7回 売上げUPのヒント:売上げの方程式

売上=来店客数×購買単価 

ですよねぇ 

ということは 

1人あたりの購買単価が5,000円 
100人のアクセスでその中の1人が購入してくれるという購買率が1% 
のショップの場合 

月商100万円を売り上げるためには 
どれだけのアクセスがあればいいのか? 

おのずと答えがでてくるのがウェブショップのいいところですネ^^ 

月商100万円を達成させるための販売個数は 
【目標売上げ】1,000,000円÷【購買単価】5,000円=200個 

購買率が1%のお店なわけですから 
100アクセス×200個=20,000アクセスが月間必要なわけで 

日割りで割り戻せば 
20,000アクセス÷30日=666アクセス 

つまり 
購買単価が5,000円 購買率1%のショップは 
月商100万円を達成させるためには 
1日666アクセスが必要になるということです


っで話しを戻して 
売上=来店客数×購買単価 
だったわけですから 

月商100万円を達成させるために 
やるべきことは 

来店客数を増やすこと 
購買単価を上げること 

この2つに注力しなければならないことが 
おのずとわかりますよね 

ところが 
売上げに悩んでいるショップさんは 
上の方程式が間違っていることに気づかれていないんです 

実は売上げの方程式って 

売上=来店客数×購買単価×購買頻度 

なんです 

なにもしなければ 
1=1×1×1 
つまり売上げは伸びない 

来店客数を2倍にすれば 
2=2×1×1 
売上げは2倍になる 

来店客数を2倍して購買単価を1.5倍にすれば 
3=2×1.5×1 
売上げは3倍になる 

そして大事なのは 
来店客数を2倍して購買単価を1.5倍にして購買頻度を1.6倍にしたら 
4.8=2×1.5×1.6 
売上げは約5倍になるということなんです 

この購買頻度を上げるためには 
アフターフォローが必要なわけですが 

リピーター顧客って店舗側が 
能動的にアクションを起こさなければ 
絶対にリピートなんかしてくれないんです(T_T) 

去年の誕生日プレゼントを買って頂いた方は 
今年もまた来店してくださる 
なんて考えは大きな間違い 

お客様は去年買ったお店のことなんか記憶にもありません 

そのために 
お客様にお知らせメールをするなど 
データベースを使って 
離脱顧客を早期発見することがリピート率向上の鍵 

データベースソフトは顧客という資産を 
効率よく運用でき最高のパフォーマンスを発揮する 
重要なツールです

▲ PAGE TOP